文学アクセサリー『空のうたたね』

イルカになりたい・・・

カルメン~メリメ『カルメン』より~


文学は、文章を読むことが嫌いな人には無縁だ。

だから、古典の先生が「源氏物語」を講じている時間は、苦痛の記憶でしかなかった。


古典は、死んだ言葉だ。もう蘇ることもないのに、無意味なことだ・・・

僕にとって古典の先生は、時代遅れのタイプライターを自在に操り、それを自慢しているようで滑稽に見えていた。

文章を読むことが苦手な者にとって、国語の授業は、密閉空間だった。
酸素が奪われ、息苦しく、ただ、解放されるまで、じっと耐えなくてはならなかった。

ハイド ~スティーブンソン『ジーキル博士とハイド氏』より~


僕も成長して、大きくなった。


大きくなったら、苦手なものは、自然と得意になると思っていた。
けれど、それは空想だった。


『現在』という時代は、残念ながら、文章を読むことが苦手な人には生きづらいようにできている。


僕はイルカになりたい・・・その世界に文章がないから・・・そう、子供のころに思っていた。


文章という鎖につながれた僕は、もう成績が関係ない年になった頃に、(文章とは何なんだろう)と考えるようになった。


それから、小さい頃、やり残したことを取り戻そうと、図書館に向かい、絵本を借りるようになった。


そうして、僕はだんだん文章というものの価値を感じるようになっていった。
そして、ふと、小さな頃の自分にも、それを教えてあげたような気持ちになっていった。


けれど、文章の苦手な子供に、文章で伝えようとしても、何も伝わらないだろう・・・


意思を伝えるための道具は、「言葉」や「文章」だけではない。
それは、「言葉」や「文章」が苦手だった、あの頃の僕がよく知っていた。


だから、僕は、 文学を原作にアクセサリーを作る。


アクセサリーを身に着けて、何かが変わるだろうか・・・結局、無くても死にはしない。
古典を知って、何かが変わるだろうか・・・結局、無くても死にはしない。


意思を伝えることとは、「アクセサリー」を身に着けることが無意味だと感じる人に、その価値を伝え、 また、「古典」を無意味だと感じる人に、その価値を伝える事なんだと思う。

人は、人に触れることができる。
けれど、人の心には触れることはできない。

心に触れることができるのは手ではなく、音楽や言葉・・・

そう・・・ 文学とは、心を乗せる車のひとつである。
そして、そのような車がなければ、僕はどこへも行けやしない。