文学アクセサリー『空のうたたね』

LinkIcon1+1=1(0009)~三浦梅園『手びき草』より~


原作:三浦梅園『手びき草』
制作:Paody
絵:Paody
文章:Paody
Silver925
 
夜になり、闇のカーテンで空を包む。
 
 朝になり、カーテンを急いでしまい込む。
 
あの一つの夜と、あの一つの朝は
 
合わせると一日となる。
 
 
冬になり、鳥たちは歌うことをやめた。
 
夏になり、湖のほとりで、鳥たちは水浴びをしている。
 
あの一つの冬と、あの一つの夏は
 
合わせると一年である。
 
 
 
気がつけば、一つの命を授かり、四苦八苦していた。
 
気がつけば、歳をとり、一つの命を終えようとしている。
 
この一つの生と、この一つの死は
 
合わせると一つの人生である。
 
 
 
僕は、大地に立っている。
 
僕は、空を見上げ、星を見る。
 
この一つの大地と、あの一つの宇宙は
 
合わせると一つの銀河である。
 
 
 
僕の一つの小さな体と、一つの大きな銀河は

合わせると、たった一つしかないのである。
 
「ある」という存在が一つ、そこにあるだけだ。
 
 

三浦梅園 自然哲学論集

ふたつはもとよりひとつなり。


江戸時代、鎖国となっている。出島という隙間から入ってくる西洋の自然哲学を東洋の哲学で落とし込む。「世界は何か」という問をデカルトのように演繹的に、しかし、思考は唯識論のような仏教哲学のようだ。こうした独自の道を、勝手にひとりで歩いている人間を知ると、僕もそのようになりたいと思う。
 
展示歴 なし

ラベル

LinkIcon緑ラベル:物語や戯曲を基に
LinkIcon赤ラベル:歌や詩を基に
LinkIcon青ラベル:哲学や思想を基に
LinkIcon黄ラベル:歴史や考古学を基に
LinkIcon黒ラベル:paodyによる
LinkIconコラボ
ラベルとは・・・ 空のうたたねは、色々な原作をもとに、作品作りをしています。そこで、作品のジャンルによって、色分けをした印です。