文学アクセサリー『空のうたたね』

LinkIconみのむし(0040)~清少納言『枕草子』より~


原作:清少納言『枕草子(40段)』
制作:Paody
絵:Paody
文章:Paody
Silver950/Copper/七宝
「パパ・・・はやくこないかな・・・」
 
そんな声が聞こえてきたので、コオロギ君は、見上げた。
 
ぶらぶら ブランコ ぶら下がる。
 
不気味な服を着こんだ みのむし君が、ぶら下がっていた。
コオロギ君が、声をかけようとすると、向こうの方から鈴が鳴る。
あれは、ジェントルマンの鈴虫さん。
鈴を鳴らして、コオロギ君を呼んでいる。
(なんだろう?)って思いながらも、自慢のジャンプで、こんにちは。
 
「やめときなさい。みのむし君は、鬼の子です!」

鈴虫さんの話によると・・・
「ある日のこと、恐ろしい鬼にも子供が生まれてきました。喜んで、わが子を抱き寄せると・・・
生まれて来た息子は、手も足もなく、うごめいている塊でした—--。
自分の子供といっても、不気味な姿なので、お父さんは、ためらってしまいました。
みのむし君の方は、無邪気に
『僕もお父さんみたいな立派な角が生えるかな?』
お父さんは、みのむし君の質問にこたえず こう言いました。
『お前は鬼の子だ。恐ろしい心を振り回すのは、大人になってからだ。だから、大人になるまで、
このミノの中に入っていなさい。きっと秋風が吹くころには迎えに来るからね。』
そう言って、鬼は、みのむし君を置き去りにして、逃げ出しました。
捨てられたことも知らない みのむし君は、ああやって、秋風に言葉を乗せているのですよ。
同情なんてしてはだめですよ・・・子供と言っても、鬼の子ですからね。」

コオロギ君は、胸が苦しくなった。
話を聞いて、ブルブル震えるくらい怖いけど・・・友達になりたい!
鈴虫さんが去った後、コオロギ君は、自慢の足でジャンプした。

「みのむし君!みのむし君!」
けれど、秋風に吹かれてジャンプは届かず
ミノの殻で、声は届かない。

ひたすら、秋風が、むなしい笛を吹いている。
 
ぶらぶら ブランコ ぶら下がる。

「パパ・・・はやくこないかな・・・」
 

ラベル

LinkIcon緑ラベル:物語や戯曲を基に
LinkIcon赤ラベル:歌や詩を基に
LinkIcon青ラベル:哲学や思想を基に
LinkIcon黄ラベル:歴史や考古学を基に
LinkIcon黒ラベル:paodyによる
LinkIconコラボ
ラベルとは・・・ 空のうたたねは、色々な原作をもとに、作品作りをしています。そこで、作品のジャンルによって、色分けをした印です。