文学アクセサリー『空のうたたね』

LinkIcon羅生門(0064)~芥川龍之介『羅生門』~

芥川龍之介『羅生門』

制作:Paody
絵:Paody
文章:Paody
Silver925/寛永通宝
原作:芥川龍之介『羅生門』
芥川龍之介『羅生門』
 羅生門の柱に、一匹のヤモリがいた。
 音も立てず、グングン進んではピッタと止まる。
 
月光で門は重たく影を作っている。
 門の楼の中には、引き取り手のない死体が転がっているという。 
 
 その臭いでハエは集まり、ヤモリがそれを狙っている。
 
数時間前に、楼の中から、慌てた様子で男が飛び出した。
 
女の着物を抱えながら、ドタバタと闇の中へと消えていった。
 
楼の中で何をしていたのだろうか?
 
一方でヤモリは、ハエの羽を剥ぎ取ることはせず、
 そっと気がつかれないように、命とともに奪い去る。
 
ハエの肉体は、ヤモリの胃袋の中。
 
生命は、他の生命を喰らって生きるものだ。
 
いつか自らの生命が消えてしまうことを知っているのに
 他の生命の炎を奪い、自らの生命に火をつける。 
 
生命の悲しさとは、このパラドックスにある。
 
自分の中で燃えている炎は、私のものではなく、他者のものである。
 
Je sommes d'autres.
 
きっと、あの男は無意味に生きているだろう。
 なぜなら、生きる意味を知ったのだから・・・
  
ハエの羽をくわえながら、スルスルと闇の中へと消えていった。
 

ラベル

LinkIcon緑ラベル:物語や戯曲を基に
LinkIcon赤ラベル:歌や詩を基に
LinkIcon青ラベル:哲学や思想を基に
LinkIcon黄ラベル:歴史や考古学を基に
LinkIcon黒ラベル:paodyによる
LinkIconコラボ
ラベルとは・・・ 空のうたたねは、色々な原作をもとに、作品作りをしています。そこで、作品のジャンルによって、色分けをした印です。